お問い合わせ

外壁塗りかえのサインとは

外壁というのは定期的に塗りかえをする必要があるのですが、劣化の症状をあらわすサインがあるのでそれを見逃さないようにしましょう。

まず、塗装面に亀裂がはいっていたり膨らんできた時には劣化をしている症状のひとつとなっているので、塗りかえをするのを考えるタイミングとなっています。

カビや藻が生えているのも劣化のサインのひとつであり、塗装の外壁を保護する役割が低下してきたときにこのようなものが発生しやすいので、塗りかえを検討する時期に来ているということになります。


目で見てわかる劣化の症状だけでなく、触って確認をする方法もあり外壁を触った時に手に白い粉のようなものがつくチョーキング現象と呼ばれるものが起きた時には、塗装面の劣化が進んでいるサインとなりますから見た目で問題がないからと安心をするのではなく触ってみて劣化の確認をしてみるというのも重要な事になります。


外壁にこのようなサインが現れ始めた時というのは、劣化がかなり進行した状態となっていますから、できるだけ早い段階で塗りかえをする必要があるのでこれらのサインを覚えておくと便利です。

このページのトップへ