お問い合わせ

K・DK・LDKの違い

建物の間取りを見ていると、K・DK・LDKといった英語が出てきます。

聞いたことがあっても、意味まで理解しきれていないという方にもわかりやすく説明します。

K・DK・LDKのはっきりとした大きさの規定というものはありません。

一般的に広まっている規則は、Kがキッチンという意味で、6帖未満を指しています。

DKは、ダイニングキッチンで6帖以上10帖未満、LDK はリビングダイニングキッチンで10帖以上となります。

LK リビングキッチンが8帖以上となっていますが、こちらはあまり使用されることは少ないです。

数字で表されるよりも、間取りを見る方が賢明でわかりやすいです。

寝室が1つの場合、キッチンがある部屋が4.5畳〜8畳未満までは1DK、キッチンがある部屋が8畳以上の場合が1LDKとなります。

部屋が2つになると数字が異なり、キッチンがある部屋が6畳以上で2DK、キッチンがある部屋が10畳以上で2LDKとなっています。

公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会というところが、「不動産広告のルール」を決められています。

K・DK・LDKの違いを理解することで、新築を建てたり、マンションを借りたりする時にも便利です。

このページのトップへ