お問い合わせ

照明の明るさを考える

家の中にはたくさんの照明がありますので、おしゃれなものを選びたいものです。

どこの部屋も同じ明るさで良いと考えるものですが、部屋によって照明の明るさを変えるようにしてみるといいでしょう。

勉強部屋なら明るめにしておき、リビングや寝室は暗めにしておくことです。

勉強をする時に部屋が暗いとなると、手元が見えにくくなりますので、目が悪くなってしまいます。

そして薄暗くしてしまえば眠くなってしまい、勉強に集中できなくなるでしょう。

リビングは暗めにしておくことによって、家の中でゆったりとした気持ちになる事が出来ます。

リラックスをする為にも必要な明るさを考えるようにしましょう。

寝室は暗めにしておけば、自然と眠気を誘ってくれるようになりますので、明るい必要はありません。

照明は歳によって必要な明るさが異なるので、子供部屋の明るさや夫婦の部屋の明るさなども考えることです。

目的や使用者に合わせて考えることも必要になりますので、どこの部屋をどのくらいの明るさにするかよく考えてから照明を設置するようにしておくといいでしょう。

このページのトップへ